受験前にB型肝炎と発覚し弁護士に相談する事に

芸大受験前にB型肝炎と発覚した場合は、最初、家族と相談することになるでしょう。
幼少期に受けた国による集団予防接種などで、注射器が連続使用されたことにより、
B型肝炎ウィルスに持続感染したとされる場合は、弁護士に相談することです。
B型肝炎を弁護士相談し、認定された場合は国から給付金が受け取れます。
給付金の対象になる人は昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれた人で、
満7歳になるまでに集団予防接種を受けた人です。
B型肝炎になると肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなります。
急性肝炎で数か月でなおる場合もあります。
しかし、慢性化した場合は、肝硬変や肝臓がんへ進行する場合もあるので気を付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です