中華街の個室で勉強するという猛者まで。

受験が近くなると、近くの図書館は受験生と思われる人たちでいっぱいになります。
個室学習室もいっぱいで、中華街の個室で勉強するという猛者までいると聞きます。
できることなら家庭に勉強できる環境があるといいのですが、
すべての家があるわけではなく、東京の家事情や、不景気を考えれば納得な気もします。
しかし、問題はそこではなく受験前になると混みあうことだと思います。
というのも、以前から受験生で混みあうならわかるのですが、
受験前に混むということはスタートダッシュが遅かったということが言えるのだと思うのです。
長期の計画を立てることから受験対策が始まるといってもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です