上大岡に賃貸を探していた頃、芸術家向けと言われた部屋。

オリンピックの諸々問題があって、
芸大への世間の見る目がなかなか厳しいものとなっています。
そもそも一般人と芸術となるとやや壁があるもので、
パソコンでデザイン出来る時代になったとはいえ、
各々が確立した芸術性を持っている訳ではないのです。
もちろんこれは芸術家にも言えることですが。
以前、上大岡に賃貸を探していた頃、芸術家向けと言われ部屋を紹介されたのですが、
緑やら黄色やらで壁が塗られていて、異様な空間になっていました。
他人に理解できことを全て芸術と言われると困ってしまう典型でした。
禅問答のようですが、本人が芸術というものだけが芸術ではなく、
他人から認めれるだけが芸術でもない、といった芸術は繊細なエリアだと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です