水道工事も電車内もクロッキー

美大、芸大受験の経験者はまず受験対策でデッサンを教え込まれたのではないでしょうか。
時間内にいかに物の形を捉え、質感を表現するかを、さまざまな技法を駆使してまとめあげます。
知人のアトリエでは受験前の夏にはクロッキー帳を生徒に渡し、
電車の中から水道工事の現場から、邪魔にならないように配慮しながら
あらゆる場面のクロッキーをしてくるように指令を出し、
朝から100枚のクロッキーを終えたらアトリエで講評し、
デッサンに入るという指導法をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です