受験前にB型肝炎と発覚し弁護士に相談する事に

芸大受験前にB型肝炎と発覚した場合は、最初、家族と相談することになるでしょう。
幼少期に受けた国による集団予防接種などで、注射器が連続使用されたことにより、
B型肝炎ウィルスに持続感染したとされる場合は、弁護士に相談することです。
B型肝炎を弁護士相談し、認定された場合は国から給付金が受け取れます。
給付金の対象になる人は昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれた人で、
満7歳になるまでに集団予防接種を受けた人です。
B型肝炎になると肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなります。
急性肝炎で数か月でなおる場合もあります。
しかし、慢性化した場合は、肝硬変や肝臓がんへ進行する場合もあるので気を付けます。

芸大受験をまじかで腎不全に・・・急遽腎不全治療を行う

僕は28歳の会社員です。
僕は高校卒業後一般企業に就職しましたが、芸術家になる夢を諦めきれず、
会社員時代に貯めたお金を使って今度芸大に入ることを決意しました。
ところが、芸大受験を間近に控えていたころ、
会社の健康診断で「腎不全」の疑いがあることが分かり、
急遽腎不全治療を行わねばならなくなりました。
振り返れば、就職後の僕の生活はひどいもので、
栄養の偏った食生活と不規則な生活リズムがもはや当たり前のものとなっていました。
今になってそのツケが回ってきたのだなと自分を戒め、
芸大受験を諦めて腎不全治療に専念することにしました。
予期せぬ出来事であったため、さすがに動揺を隠せませんでしたが、
自分のしてきたことだと思い、今も治療に励んでいます。

芸大受験を控えているのに古物市場に入りびたり・・・

私は18歳の高校生です。
私は今度芸大の受験をするのですが、最近古物市場にどっぷりはまってしまいました。
芸大は名前の通り芸術に関する大学ですが、
古物には私の芸術心をくすぐるものばかりで、
受験そっちのけで古物の鑑賞に入りびたってしまっています。
私が生まれる遥か前の人が制作した作品は、私にとって新鮮そのものであり、
私も芸大に入って人々を魅了する作品を作りたいと妄想しながら楽しんでいます。
この歳で古物市場とは随分変わっていると思われるかもしれませんが、
芸大を目指す他の同級生も同じような趣味嗜好なので、そこまで気にしていません。
ただ、さすがにこのままでは受験に影響を与えかねないので、
そろそろ受験準備に入ろうと思います。