カラコン度ありをわざわざ買って徹底的に仮装

芸大のお祭り、文化祭的なイベントに行ったことありますか?
さすが芸大という作品やお店も凝っていて凄いです。
今年行った美大の芸術祭のおカマバーや仮装カフェ、
メイド喫茶とか素晴らしい出来でしたよ。
みんなカツラやカラコンを装着して何人かわからない。
カラコンは度ありをわざわざ買っていると話を聞いて、
徹底しているなと感心した次第。
器用な人が多いので買い物も楽しいし、
芸術欲を刺激されてなかなか良いイベントだと思いますよ。

火災保険に加入する

芸大に通う友人の話なのですが、アトリエで小火騒ぎ。
喫煙者で無精者の彼は、たばこの火が原因で小火を起こしてしまったそうです。
借家なのでこれから賠償が大変だと言っていましたが、
自分の過失なので仕方ないと一蹴です。
アトリエでなくても自宅、寝室やキッチンでも火が出て火災に可能性はあるので、
保険に入るのは大事だなと内心思いました。
友人が反面教師になりましたよ。
火災保険に入ること、古くなった電化製品の見直し、生活習慣の見直し、きちんとしておこう。

ペット保険に入っているから安心です

うちの実家もそうですが、親戚一同動物好きなもので犬、猫、鳥と
レパートリーいろいろなペット天国なんです。
たまに鳥以外はどこかの家に集まったりもするのですが、
なぜかというと旅行の際に預かり合いをするので、
慣れさせておきたいというのもあるのです(笑)。
みんな動物好きなので助かりますが、
病気は治せませんのでもしものためのペット保険は親戚一同入っています。
人間よりもペットの医療費の方が高いですから。

中華街の個室で勉強するという猛者まで。

受験が近くなると、近くの図書館は受験生と思われる人たちでいっぱいになります。
個室学習室もいっぱいで、中華街の個室で勉強するという猛者までいると聞きます。
できることなら家庭に勉強できる環境があるといいのですが、
すべての家があるわけではなく、東京の家事情や、不景気を考えれば納得な気もします。
しかし、問題はそこではなく受験前になると混みあうことだと思います。
というのも、以前から受験生で混みあうならわかるのですが、
受験前に混むということはスタートダッシュが遅かったということが言えるのだと思うのです。
長期の計画を立てることから受験対策が始まるといってもいいでしょう。

倉庫の作業スペースをレンタルして作り上げる芸術。

芸術と一口に言っても、それには大きいものも小さいものも、綺麗なものも汚いものもあります。
汚いものが芸術なのか?といわれるかもしれませんが、
綺麗なものに対してのアンチテーゼとしての芸術なので、美しさとついにはなってはいるのです。
さて、大きな特に彫像などは作業するにも場所がないことが多く、
学生であればなんとか学区内で場所を確保することもできるでしょうが、
それ以外の方となると難しいのです。
そのせいもあって倉庫の作業スペースをレンタルして作り上げる方もいると聞きました。
少なくとも芸術を作る上で共通するのは、大変だということです。